News & Topics

News & Topics

公衆栄養・食育推進研究会を開催しました!

[ ニュース ]

2019/11/11

令和元年10月5日(土)、本学6号館621教室にて公衆栄養・食育推進研究会が開催されました。行政にて活躍する9名の卒業生と在校生(2・3年生)約30名が参加し、2名の卒業生からさまざまな取り組み事例を講演いただき、その後、交流会を行いました。

【講演会】

●岐阜県川辺町健康福祉課 保健センター 井上可菜 先生

「市町村管理栄養士の役割」

公衆栄養画像A.jpg

市町村の管理栄養士として赤ちゃんから高齢者まで健康づくりをサポートするためのさまざまな事業を紹介していただきました。

・乳幼児・妊婦を対象とした母子保健事業(乳幼児健康診査、離乳食教室など)

・成人・高齢者を対象とした健康増進事業(特定保健指導、個別栄養指導、調理実習や運動を含む集団栄養教室など)

・地区組織の育成・教育(食生活改善推進員(食に関するボランティア)=地域の食育活動「豆腐作り」「ふれ愛まつり」などで活躍)

最後に行政(市町村)管理栄養士の魅力を語っていただきました。

「住民の身近な存在となり、一次、二次予防に携わることで病気の発症や重症化を防ぐことができます。業務の成果を感じることができるのでやりがいになります。」と進路に迷う学生へ向けて素敵なメッセージをいただきました。

 

●静岡県西部健康福祉センター 健康増進課 名倉麻菜美 先生

「広域行政の静岡県の取り組み」

公衆栄養画像B.jpg

広域行政の管理栄養士として静岡県民の壮大な健康づくりプロジェクトを紹介していただきました。

・しずおか健幸惣菜レシピの紹介

・健康長寿プログラム関連事業 脳血管疾患の減少を目指した=減塩55プログラム

・生活習慣病予防対策事業

・ふじのくに食育推進事業

・禁煙・受動喫煙防止対策事業

・管内の給食施設指導  など

最後に名倉先生がこれまでの経験の中で培った行政管理栄養士として大切なことは・・・

「いろんな方々と連携をし、信頼関係、人間関係を築くこと。目の前の課題だけ見ていてはダメ!色々な経験をして、多角的・長期的な視野を持つこと」と学生のうちから行うべき課題を提示していただきました。

【交流会】

広域保健活動:名倉麻菜美 関 亮太朗 先生

地域保健活動:井上可菜、山本千暁 先生

子ども園等保健活動:青山美穂、東小薗真祐 先生

公務員対策について:浅井咲希、水野伽世子 先生

公衆栄養画像C.jpg

学生からの疑問、質問に各分野別の先生方からご指導、助言をいただきました。

多くの学生が行政管理栄養士の魅力、やりがいを感じた有意義な一日となりました。行政にて活躍する卒業生のみなさん、ありがとうございました。

 

 

投稿者:楳村春江

 

このページのTOPに戻る

News & Topics

MENU