News & Topics

News & Topics

アイモール三好での父の日 イベント

[ ニュース ]

2019/06/21

令和元年 6月15日(土)アイ・モール三好にて、父の日イベントを行いました。名古屋学芸大学メディア造形学部デザイン学科と管理栄養学科の学生で企画しました。今年度は「コロコロやさいカップケーキ〜ありがとうのスイッチをおそう〜」という題で開催しました。

 

はじめに、管理栄養学部が用意しておいた、ほうれん草、かぼちゃ、にんじんの生地をそれぞれ2カップずつ流し込んでおきます。そして、番号札を子供たちに配り、1人6個のカップケーキを作ることを説明します。枝豆、パプリカ、ハムなどの中から、カップケーキの中に入れるトッピングを6種類選んでもらいます(1カップ1種類)。

カップケーキ1.jpg

その後、180℃に設定したオーブンで16分焼きます。そして、焼き上がったカップケーキを冷まし、卵パックにつめていきます。ここまでは、管理栄養学部が行い、その間に、子供たちにはカップケーキを入れる卵パックのラッピングをしてもらいます。卵パックのフタには、お父さんへのメッセージなどお題に合わせて子供達に書いて貼り付けてもらいます。また、持ち帰りやすいように紙袋も一緒に配布し、子供たちに好きな絵を描いてもらいます。そして、カップケーキが入った卵パックを子供たちに渡し、最後にカップケーキのレシピやほうれん草、かぼちゃ、にんじんの栄養素に関する説明文などが載っているシートを卵パックに巻きつけてもらえば、完成です。

カップケーキ2.jpg

今回は、お父さんスイッチを使って、お父さんに日頃の感謝を伝えることを目的としました。子供たちは、楽しそうに「どんなところが好きかな?」と話しながら、お父さんに喜んでもらえるよう一生懸命作っていました。私たちが考えた企画で、会場が楽しそうな声と笑顔で満ちていて、とても嬉しく感じるとともに、達成感を強く感じました。そして、カップケーキを作る際に、子供たちに少し調理に携わってもらったのは、野菜について知ってもらいたい、お菓子作りの楽しさを感じてもらいたいという思いからでした。そのため、管理栄養学部の思いも一緒に伝わっていたら嬉しいです。

今回のイベントで、アクシデントへの臨機応変な対応、子供たちとの接し方など多くのことを学びました。中には、現場でしか体験できないこともたくさんあったので、とてもいい機会になりました。たくさん経験し、学びながらも楽しいイベントだったので、参加して良かったと思いました。

カップケーキ3.jpg

 

報告者: 管理栄養学部 3年生 中野綾香

 

このページのTOPに戻る

News & Topics

MENU