研究室へようこそ! 研究室の「研究テーマ」、「活動」、「先生のプロフィール」を紹介

研究室紹介

名古屋学芸大学 管理栄養学部

栄養生理学研究室(日暮ゼミ)

更新情報

2019.09.19

7月ごはん会

 

ようこそ!
栄養生理学研究室(日暮ゼミ)へ


わたしたちは「味覚」をテーマに実験・研究をしています。
自分たちでスケジュールを立てながら就活や国試の勉強にも積極的に取り組んでいます。
実験から献立作成・調理まで行っています。
 
今年はゼミ生8名と日暮先生で活動中です。
 
 
日暮先生
 
 
   
 
 
 
   

 

[ 紹介者プロフィール ]

管理栄養学部4年あやぼー ゆかりん

研究テーマ・研究活動

  • 味覚感受性を変化させる物質の探求

    味覚には塩味・酸味・苦味・甘味・うま味があります。これらの味覚は、食べ物または飲み物等に含まれる味物質を受容する細胞に作用し、味細胞を興奮させ、味神経により中枢へ伝えられます。
    味物質を含む溶液に含まれる栄養素や浸透圧、粘性等を変化させることで、ヒトでの味覚感受性がどのように変化するかを調べます。他の栄養素や食品中に含まれる成分、浸透圧、粘性等を調整することで、塩味や糖類などの感受性が高くなると食事中の塩分濃度を減らすことにつながる可能性があります。その味覚感受性を高める因子を探求します。
    また、それぞれの料理に対して最も適切な因子を当てはめ、食事の献立作成と調理を行い、実用できる方法を探求します。

研究メンバー

  • 准教授
    日暮 陽子

    日暮 陽子 先生

    研究室イチの癒しキャラな日暮先生♡
    わたしたちのお母さんのような存在で、いつも温かく見守ってくれます。先生がいるだけで穏やかな雰囲気が生まれるので、とても話しやすく困ったことがあるとなんでも相談してしまいます。そんな先生がわたしたちは大好きです!!

研究室紹介パネル

このページのTOPに戻る

研究室へようこそ!

MENU