研究室へようこそ! 研究室の「研究テーマ」、「活動」、「先生のプロフィール」を紹介

研究室紹介

名古屋学芸大学 管理栄養学部

栄養化学研究室(池田ゼミ)

こんにちは!

栄養化学研究室です

このゼミは学生8人と池田先生・森田先生・阪野先生で、日々研究を行っています。

うまくいかないこともありますが、成功した時や、実験をやり終えた時の達成感は大きいです。精密機器や薬品に囲まれ、充実した実験ライフを送っています。

[ 紹介者プロフィール ]

4年小川・野内

研究テーマ・研究活動

  • ビタミンC欠乏による壊血病のメカニズムの研究

    ビタミンC欠乏によって壊血病が引き起こされることは知られていますが、そのメカニズムはまだわかっていません。しかし、ビタミンC欠乏によって骨がもろくなることは発見されています。また、ビタミンC欠乏のラットは不安感を感じるということが分かっており、不安感を感じたときにオステオカルシンが骨から出ているという論文が2019年に発表されています。そのため、炎症の原因には骨が関与しているという仮定のもと研究しています。
  • ビタミンK濃度に及ぼすゴマ摂取の影響

    ゴマに含まれるゴマリグナンは、ビタミンK分解酵素のCYP4Fを阻害することで、体内のビタミンK濃度を上昇させます。私たちはこれまでに、PKまたはMK-4摂取時、ゴマ摂取によって体内ビタミンK濃度が上昇することを明らかにしています。しかし、MK-7摂取時には体内で取り込まれる組織も異なり、ゴマ摂取によってビタミンK濃度は低下しました。そこで本研究では、ゴマ摂取による体内ビタミンK濃度の変動についてさらに詳細に調べています。

研究メンバー

  • 教授
    池田 彩子

    池田 彩子 先生

    栄養化学研究室の司令塔!
    池田先生はビタミンE研究会、脂溶性ビタミン総合研究委員会に所属され、ビタミン研究の第一線で活躍されています。
    クールな印象が強い池田先生ですが、世間話をしたり、就職活動の相談に乗ってくれたりします。嫌いなものは納豆で、食べなくてもいいんじゃないかと思っているそうです。

    [ 紹介者プロフィール ]

    小川・野内

  • 助手
    森田 南美

    森田 南美 先生

研究室紹介パネル

このページのTOPに戻る

研究室へようこそ!

MENU