目指せ!管理栄養士への道 管理栄養士を目指す、学生のブログ

海外研修

2019アメリカ研修⑲ Agricuiturail Biotechnology

投稿者:古本麻奈 三浦愛里

2019/08/18

 今回の講義では現時点で行われ、利用されている遺伝子組み換え工学について学びました。

遺伝子組み換え作物によって、保存が効く品種、干ばつや病気に強い品種やを作ることで生産性を上げることができます。

また東南アジアの貧困地域では、栄養素が付加されたコメの種を支援する、HarvestPlusという取り組みがあります。

このような作物によって栄養失調を防いだり、生産量の安定につなげることができます。

講義の中でピンクグレープフルーツが突然変異を起こさせて作られたと聞いて驚きました。私たちは今後生態系に及ぶ影響も考えながら、利用していく必要があると感じました。

 

DSC_0300.JPG

このページのTOPに戻る

目指せ!
管理栄養士への道

MENU