目指せ!管理栄養士への道 管理栄養士を目指す、学生のブログ

伝えたい!先輩からの応援メッセージ

旬のタケノコ、ゆでるところからやってみた

投稿者: 

2020/04/22

 チャレンジ第1回は管理栄養学部食品学担当教員、山田がお送りします。私のチャレンジは・・・【旬のタケノコ、ゆでるところからやってみた】です。
 私が普段タケノコを使うときはほぼ、ゆでタケノコを買ってきてしまいます。このコロナ自粛で外食できない今、旬のタケノコ(生)を見つけたので、ゆでてタケノコご飯にしてみました。

1.jpgのサムネイル画像

 皮を下の方だけむいて穂先を切り落とし、切り込みを入れてから米ぬかと一緒にゆでています。タケノコがすっぽり入る大きさの鍋がない!はみ出しながら何とかゆでました。吹きこぼれないように見張るのが大変でした…。

 ところで皆さん、タケノコをゆでるときに米ぬかを入れるのはなぜだか知っていますか?タケノコはアクの強い野菜なのでアク抜きのために入れます。管理栄養士になるためにはアクの成分が何か、どうして米ぬかを入れるとアクが抜けるのか、といった食品中の成分変化についても勉強します。食品学といいます。食品学を学ぶと、どうやったら食品をおいしくかつ栄養を逃さずに調理できるか、またおいしさを保つことができるかなどが化学的に理解できるようになります。一緒に勉強しましょう。

 
 そんなこんなでゆでタケノコ、できました。2.jpgのサムネイル画像
ここまでに半日費やしました…。でもここまでくれば、後はいつも通り調理しておいしいタケノコご飯の完成です。ついでに若竹煮も作っちゃいました。いかがでしょうか。

3.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 




みんな元気に再会できることを願って、この自粛生活を乗り切りましょう。
1年生の皆さん、お待ちしてます!!

このページのTOPに戻る

目指せ!
管理栄養士への道

MENU